ミニチュア

スポンサーリンク
miniature

しだれ桜・・・旅屋おかえり/原田マハ

2012年4月に刊行、2014年9月に文庫化された原田マハさんの小説です。2019年には、第12回エキナカ書店大賞を受賞されています。2022年にはドラマ化されましたが、BSでの放送で見ることが出来ず。。。地上波での再放送希望です!2022...
miniature

おやつはプリン・・・いつかあなたをわすれても/桜木紫乃

2021年に発行された北海道出身の桜木志乃さんの作品。2020年に第15回中央公論文芸賞を受賞した『家族じまい』で書けなかった孫の視点で書かれた作品だそうです。今回は小説ではなく『絵本』。とはいっても、子供ではなく大人の絵本。少し悲しいけれ...
miniature

特等席・・・キネマの神様/原田マハ

2007~2008年に別冊文藝春秋に掲載され、2008年に単行本化された原田マハさんの作品です。2018年には舞台化、2021年には映画が公開されています。奇跡が奇跡を呼ぶ、感動のお話。必ず泣けて、すっきりとします。あらすじ主人公はアラフォ...
miniature

鈴蘭・・・祝祭と予感/恩田陸

蜜蜂と遠雷のスピンオフ小説。2019年に発売されました。綿貫先生・ナサニエル&三枝子・菱沼忠明・マサル・奏・ホフマン先生を描いた6つの短編から成り立っています。短編だけれど、どれもドラマティックで感動が蘇る。蜜蜂と遠雷を読了した人にはぜひ読...
miniature

カフェ『ラ・ブーム』・・・ロマンシェ/原田マハ

2015年に刊行された原田マハさんの作品。ラブ・コメと書かれていたので最初は少し躊躇ったけれど、本の帯に書かれた【ラスト50ページから、せつなさの魔法が炸裂する。】の言葉が響いて手に取りました。ほんとにラスト50ページから涙が止まらない。帯...
miniature

斉藤さんの仕事場・・・アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎

2014年に発行され、漫画化、映画化もされた伊坂幸太郎さんの作品です。6つの短編からなりますが、全てどこかでつながっているストーリーは伊坂幸太郎さんならではの展開。読んでいて、その小さな気づきが楽しい作品です。斉藤さんとは今回、印象に残った...
miniature

とある蕎麦屋・・・ロングレンジ/伊坂幸太郎

2017年に発売された、伊坂幸太郎さんの短編小説『ロングレンジ』。電子書籍で、待ち時間などで読み切れる長さなので、気軽にさくっと読めます。現代の家庭内で起こりがちな問題も、伊坂さんの手に掛かると明るい未来が見えて来る。ハードボイルドな内容で...
miniature

ライティングビューローと小物でアンティークな空間を再現

ミニチュアアートに飾るライティングビューローや小物の作り方を紹介しています。より本物らしく見えるコツや高級感を出す工夫など、おしゃれな空間を演出する方法を提案しています。
miniature

ドールハウスよりも小さいミニチュアアート

少しパソコン内部の写真を整理していたところ、昔製作したミニチュアアートの写真が出て来ました。懐かしい・・・。ところで、ドールハウスの定義はご存知でしょうか。この記事では、ドールハウスの定義やミニチュアとの違い、昔懐かしいリーメントのぷちシリ...
スポンサーリンク